保育所における家庭・保護者との連携に関する調査研究報告書
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 目 次 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
序文


I.調査研究の目的及び方法 

 (1) 調査研究の目的
 (2) 調査研究の内容
 (3) 調査研究スタッフ
 (4) 調査期間及び調査時点
 (5) 調査の手続き
 (6) 整理、分析基準
 (7) 整理分析担当

II.調査結果の考察
〈保育所の属性〉

 (i) 回答者職名
 (ii) 経営主体
 (iii) 所在地
 (iv) 施設認可年
 (v) 児童定員数
 (vi) 入所児童数

 (1) 家庭・保護者との連携で重視していること
 (2) 児童家庭調査票へ記入依頼の方法
 (3) 「保護者の職業」「家族構成」の記入
 (4) 「出生時の状況」の記入
 (5) 必要な時に母子健康手帳を見せてもらうこと
 (6) 連絡帳は役立っていると思うか
 (7) 園だより、クラスだより等は役だっていると思うか
 (8) 感染症が発生した時に全保護者に周知するか
 (9) どのような方法で知らせるか
 (10) 家庭訪問を行っているか
 (11) 保育参観を実施しているか
 (12) どのように実施しているか
 (13) 実施していないのはどうしてか
 (14) 保護者会の組織があるか
 (15) 保護者会とはよく話し合い協力しているか
 (16) 保護者会がない理由は何か
 (17) 園行事を決める際どうしているか
 (18) 園行事に保護者の理解や協力を得る方法
 (19) 緊急時の避難場所を保護者に周知しているか
 (20) 園児の怪我や病気を保護者に連絡をするのは誰か
 (21) 保護者と文書をとりかわして約束ごとを決めていること
   a 保育時間について
   b 保育中の怪我や病気について
   c 災害等緊急事態発生時の連絡について
   d 与薬について
   e 送迎について
   f 感染症について
   g 給食について
 (22) 保護者への対応についての研修等
 (23) 保護者から対応困難な過大な要求をされて苦慮したこと
 (24) 初任保育士の保護者への対応
 (25) 保護者との良好な連携・協力関係をつくるために努力して
    いること

III.まとめ
 1.須永進研究員による考察
 2.高橋保子研究員による考察
 3.三橋勝男研究員による考察
 4.海和宏子研究員による考察
 5.宮里勝子研究員による考察

付録

 調査表
 集計表