保育科学研究所

保育科学研究所とは

細則

(総則)
第1条
この細則は、日本保育協会組織規程に基づき、保育科学研究所(以下 「研究所」という。)の組織等について必要な事項を定める。

(研究所の事業)
第2条
研究所は、保育所と連携して保育の科学的・実証的研究を行うとともに、その成果を広く保育士等に提供し、保育内容及び保育環境充実に貢献する事業を行うものとする。

(組織)
第3条
研究所に所長を置く。
所長は、日本保育協会の学術担当理事の中から、理事長が委嘱する。

2. 研究所に運営委員会を置く。

@運営委員会は、理事長が委嘱した運営委員若干名により構成する。
A運営委員会の委員長は所長が兼ねる。
B研究所の事業は運営委員会において審議・決定する。
C運営委員の任期は2年とする。ただし、再任することができる。
D研究所に研究部門、事業部門及び事務局を置く。

第4条
研究活動は日本保育協会会員をもって行う。ただし会員以外は運営委 員会の承認を得て「研究会員」(個人)として入会し、活動を行う。


(研究員)
第5条
研究所に研究員(非常勤)を置く。運営委員は研究員を兼ねる。研 究員は所長が委嘱し、所長が指定する研究を行う。

(会費)
第6条
研究会員(日本保育協会会員以外)の会費は年間5,000円とする。ただし、研究員の会費は無料とする。

(細則の変更)
第7条
この細則は、運営委員会の議決を経て変更することができる。ただし、変更した場合には、遅滞なく日本保育協会理事会に報告しなければならない。
(付則)
 
この細則は平成21年4月1日から施行する。
(平成23年12月19日一部改正)

ページトップへ戻る