H1

子育て安心カード

エディタV2

「子育て安心カード」&「園内研修資料」

  この「子育て安心カード」は、2014年、ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会の助成をいただき、日本保育協会が専門家の協力を得て作ったものです。印刷したものを無償でお配りして役立てていただいていましたが、印刷したものがなくなり、今回、PDFで公開する運びとなりました。
 
「子育て安心カード」には、子どもの発達の様子と、その時期だからこそ気をつけたい不慮の事故予防の具体的なノウハウが、わかりやすく、コンパクトにまとめられています。園児一人ひとりの成長に沿って、保護者に「子育て安心カード」を一枚ずつ手渡していきましょう。
  保護者の方々は、我が子の成長にふさわしい時期に「カード」を受取り、そのタイミングをきっかけに保護者と話す機会を重ねることで、子どもの成長についての理解を深めていくことができます。その理解は、家庭内での子どもの深刻な事故の抑止につながっていきます。
  保育者のみなさんは、この取り組みを継続させつつ、保育の専門家として、子どもの発達および不慮の事故防止についての学びを深めることができますそして、保護者とのやりとりを重ねることで、保育者と保護者が、こどもをまんなかに共に成長を見守る関係を育む取り組みにもつながっていきます。

子育て安心カード

子育て安心カード活用の手引き

・カードの説明、保護者への呼びかけ
・子どもの命と未来を守る!10か条
・〈発達のめやす〉と〈起こりやすい事故〉早見シート
・相談窓口・緊急連絡先
・子育て安心カード〈活用のヒント〉 
手引き ダウンロード



 
 
 
 
 
 
 
 

 

1枚ずつ(両面印刷時)手渡していく、子育て安心カード

①寝返りをする時期
②はいはいする時期
③歩きはじめる時期
④「かみつき」「ひっかき」の時期
⑤行動範囲が広がる時期
⑥「いやいや!」をし始める時期
⑦活動がぐんぐん活発になり始める時期
⑧手先がどんどん器用になる時期
⑨友達と活発に遊び始める時期 
⑩いろいろチャレンジし始める時期
⑪自分で考え、意欲的に行動し始める時期
◎カード渡しチェック表
子育て安心カード ダウンロード

園内研修資料

子育て安心カード園内研修資料

・はじめに ・子どもの死傷事故を防ごう‼
・〈子育て安心カード〉の内容と使い方
・〈子育て安心カード〉解説 ・保育者の専門性を発揮して
・〈子育て安心カード〉活用Q&A
・保育者の実感、保護者の感想
・保育所と家庭で起きる事故の違い
園内研修資料 ダウンロード


ご利用について

「子育て安心カード」および「子育て安心カード園内研修資料」一式は、非営利目的に限り利用できます。ただし、無料配布、 あるいは、オリジナル誌面をそのまま「コピー」する場合に限られ、内容改変、加工、部分使用、変型、要約、翻訳、脚色、翻 案などは一切認められません。イラストの部分コピー使用も一切禁止します。なお、取り組みに活用する場合の「研修レジメ」な どには、必ず、「子どもの育ちと安全がわかる!〈子育て安心カード〉:所収」と転記願います。
エディタV2

研修についてのお問い合わせはこちら
研修部 TEL : 03-3222-2115(研修部直通)mail : kensyu@nippo.or.jp